カリッシュが新体制になります。

先日のアンケートにより総選挙を行うことに決定しました。

3度に渡りご協力をありがとうございました。

その後、色々な方よりご意見をいただき検討した結果5月より下記のような新体制を導入することにしました。

少し解説したいと思います。

カリッシュ新体制

カリッシュ新体制.002

・「カリッシュ」は「カリッシュプロジェクト」という組織に変更致します。つまり、関わる人全て(歌部、声部、アバター、サワグチ教授や敏腕なマネージャーなど全て含む)の総称となります。

・全ての作品は発案された案件に照らして「カリッシュプロジェクト」から必要な人材をピックアップして制作されます。

・つまりカリッシュプロジェクトに属する全ての人に「新しい何かを作ろう」という発起人になる資格があります。

・発案者はプロジェクト内より適材と思われる人をピックアップし、「カリッシュ○○チーム」として立ち上げ、イベントまたは制作を遂行します。

————–

なかなか複雑で理解が難しいでしょうか。

 

新体制により、皐月祭からは候補生だった「えりす」は正規メンバーとなります。

また新たに候補生を若干名募集致します。希望者は私のツイッターやその他の手段で応募の意図をお伝えください(締め切りは皐月祭終了日まで)

 

新体制は、総選挙によって1名落ちるというリスクを現メンバーが負わない形となります。現メンバーはすくなくとも学園祭3回は正規メンバーの地位を維持できます。

・・が、選挙は行うと決定しましたので総選挙は行います。今回は3名という枠が設けられ、総選挙で上位3位にランクインしたメンバーは図のような待遇が与えられます。

 

 

つまり、一つの企画に対して常に「枠」が設定され、その枠に選ばれないと、カリッシュ正規メンバーであるにもかかわらず、ずっと企画に全く関われないという状況が発生します。

これは正規メンバーは企画に関わるために、常に自主性をもって行動し、コミュニケーション能力を発揮して存在をアピールしていかなければならないことを意味します。今までいただいたご意見でも多数を占めて居た「危機感が感じられない」という意見に対する私からの回答でもあります。

つまり自主的に行動を起こさずに「居るだけ」のメンバーはどんどん企画に取り残され、出場機会も与えられず忘れ去られていく・・・ということだって考えられるというわけです。

 

 

 

新システムでは、確実に発生するであろう「企画」は学園祭の総選挙のみです。

年2回おこなわれる総選挙は生徒からの評価がメンバーの順位を反映するものとなります。

その他の「企画」は自主的に発案するか、私やマネージャーから起こるもの、ということになりますが「選ばれるかどうか」は個々の努力次第ということになります。

 

 

 

おおよそをまとめますと、

・意識の高いメンバーには「頑張らないと忘れられちゃう。企画に創作に自分から提案、発信して頑張ろう」となり、人気も上がって露出も増えると思いますが、

・意識の低いメンバーには「選挙で争う必要もないから、とりあえず学園祭3回はアイドルでいられるね。テキトーに企画に乗っかっていれば良いかな。」となり、企画に関わる機会は自動的に減り、存在は忘れられて行く、ということになります。

 

 

いろいろ初回から詰め込みすぎた感はありますが、頭がごちゃごちゃになった方はどうぞ図をご覧ください。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。